キレイモ 札幌

 

 

多毛症と聞くと毛の数が増えてしまう病気と思ったりしますが、実際にはそうではなく、抜け落ちる周期が長くなることで毛自体が伸びて毛が増えたように見えたり、軟毛(なんもう)が硬毛(こうもう)に変化することで、毛自体が太く強くなるので増えたように感じる症状をいうそうです。
多毛症では女性や小児に成人男性のような硬毛の分布があるそうです。

 

女性でこの多毛症に悩んでいる人も多いですが、適切な治療をすれば改善するそうで、悩んでいるなら、まずは病院に行き医師に相談してみるのがいいかと思います。

 

多毛症の原因は、男性ホルモンが増えることにあると言われています。
男性ホルモンが過剰に作られたり、男性ホルモンに対する反応性が高まって発症するそうです。
他にも病気を治すための薬が影響することもあるそうで、病気そのものが多毛症の原因になっていることもあるそうで、女性の場合、男性ホルモンは卵巣と副腎(ふくじん)でつくられるので、卵巣あるいは副腎の病気で多毛症になるそうです。
女性の多毛症では多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群が最も多い原因になっています。
薬で多毛になる場合は、全身投与する副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬、免疫抑制薬のシクロスポリンなどが、全身の多毛の原因になるとのこと。
ステロイド外用薬を外用すると、外用した部位が多毛になります。
緑内障(りょくないしょう)治療薬であるイソプロピルウノプロストンを点眼するとまつ毛が太く、長くなるそうです。

 

他にも原因が特定できない特発性多毛があるそうですが、その場合は脱毛施術を受けることが最善の治療になるそうです。

 

多毛症の場合に受ける脱毛施術は、どれがいいかの判断はできませんけど、キレイモ 札幌店にいってみたいと思う人は無料カウンセリングで相談してみてくださいね(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪