キレイモ 札幌

 

 

今までに身近で手軽なムダ毛の自己処理方法と注意点や問題点を紹介してきました。
そこで、ムダ毛の自己処理方法、市販されている脱毛グッズについてまとめてみたいと思います。

 

剃れば剃るほど濃くなる?カミソリでのムダ毛処理

 

初めてムダ毛をきにするようになったとき、ほとんどの人がカミソリでジョリジョリとムダ毛を剃ったのではないでしょうか?

 

カミソリはコンビニやドラッグストアなど、色々なところで打っていますし、一番身近で簡単かつ安価に購入できるのがいいですね。

 

カミソリで剃ると、剃った直後はムダ毛もすっきりして、ツルツルした印象の肌になります。
ですが、ムダ毛を根本でカットしているだけですので、根本の太い部分がそのまま伸びできてしまったりして、毛が濃くなったように感じたり、太くなったように感じてしまうこともあります。
また、鋭利な刃物で皮膚の表面を擦るわけですので、どうしてもお肌を傷付けてしまいます。
「肌に優しい」「肌を傷付けにくい」なんて謳い文句のカミソリも売っていますが、結局、ムダ毛の処理と一緒に肌も擦っていることには変わりありません。
処理頻度も数日置きになり、何度も繰り返すことで黒ずみや色素沈着などの問題になったり、毛穴が傷付いてそこから雑菌が入ってしまい、毛嚢炎になってしまうこともあります。
特にお肌がデリケートな人は気を付けてもらいたいところですね。

 

毛抜きで「鳥肌」に

 

眉毛のお手入れなんかには毛抜きを使っている人が多いのではないでしょうか?

 

その毛抜きでムダ毛を処理している人も多いと思います。

 

毛抜きのムダ毛処理で起こりやすいトラブルは、「埋没毛」と「鳥肌」です。

 

毛抜きでの自己処理は、キレイにできているように感じても、毛根の手前で、途中からプツッと切れていることがほとんどです。
そうなると、当然、毛根部分が残っているので、また毛が生えてきてしまいます。
そして、ムダ毛を引っ張るときに、皮膚がムダ毛と一緒に持ち上がってしまうことで、皮膚が刺激を受けて赤く腫れ上がり、ポツポツと盛り上がった状態になってしまうのが「鳥肌」です。

 

また、毛根が残ったままで毛穴が薄い皮膚で覆われることがり、毛が皮膚を突き破れずに皮膚の中で伸びてしまうことがあります。
これが埋没毛です。

 

毛抜きも安価で簡単なようですが、肌が傷付くことやカミソリより手間がかかることを考えるとあまりお勧めではないですね。

 

痛い上に腫れあがる脱毛ワックスと脱毛テープ

 

毛抜きでムダ毛を抜くと、1本1本抜くことになるので時間も手間もかかりますが、その問題を解決したものが脱毛ワックスや脱毛テープです。
今や「ブラジリアンワックス」という呼び方で有名ですね。

 

脱毛ワックスは、温めたワックス剤を塗って、冷めて固まってきたら、毛の流れと逆方向にベリッと一気に剥がす方法です。

 

脱毛テープは、粘着性の強いワックスをテープ状、あるいはシール状にしたもので、貼って剥がすだけで、簡単に脱毛ができるという方法です。

 

この二つの脱毛方法は、短時間で広範囲のムダ毛が処理できるので、一見、合理的な方法ですが、ベリッと剥がすので、激痛を伴います。
そして、一回で全部抜けるというわけではなく、残る毛もあったりするので、何度も行う必要性があったりもします。

 

さらに、脱毛ワックスは、温めすぎての火傷の危険性もあります。

 

後は、毛を引き抜いているので、毛抜きと同じように「埋没毛」や「鳥肌」などになる可能性もあります。

 

手軽で楽ちん!脱毛クリームなどの脱毛剤

 

夏になると、ドラッグストアの店頭には、沢山の脱毛クリームを見かけるようになります。

 

気になる部分に塗布して、しばらく時間を置いてから拭き取るか、洗い流すだけで、痛みもなく、簡単にムダ毛処理ができてしまうお手軽品なので、カミソリや毛抜きよりも高くついてしまいますが、ポピュラーな自己処理方法ではないかと思います。

 

しかし、脱毛クリームを塗っただけであんなに簡単に毛が抜けるということは、やはりお肌にも刺激を与えてしまいます。
脱毛クリームのような多くの脱毛剤は、硫化ストロンチウムなどの硫化物が主な成分になっていて、使ったことのある人はわかるかもしれませんが、ひどい刺激臭がします。

 

脱毛剤は、毛がアルカリ性に弱い性質を利用した方法で、硫化ストロンチウムがムダ毛を溶かして処理するようになっています。
脱毛というよりは、ただ毛を溶かしているだけなんですね。
当然、しばらくすると毛が生えてきてしまいますし、使用量にもよりますが、広範囲をやろうとするとそれだけ高くつくことにもなってしまいます。
そして、毛が溶けるということは、毛と同じたんぱく質で出来ている皮膚まで一緒に溶かしてしまっています。

 

脱毛クリームを使った後は、お肌がツルツルになって、キレイになった気がしますが、皮膚の表面が溶けたことによって、一時的にデコボコ状態でなくなったということなんですね。

 

最近人気の家庭用脱毛器

 

ここ数年、女性の脱毛に対する意識の高まりから、家庭用の電気脱毛器がテレビショッピングや雑誌などで取り上げられるようになってきました。

 

電気ローラーで毛を巻き取るものや高周波脱毛器、光脱毛ができるものまでその種類は様々です。

 

機器そのものは非常に高額ですが、一度購入してしまえば後は消耗品の購入で済むので、長く使い続けるのであれば良いかを思います。

 

しかしながら、電気ローラータイプのものであれば、ローラーで毛を巻き取っているので、その原理を考えれば、毛抜きで自己処理しているのと同じです。

 

高周波脱毛器や光脱毛ができるタイプのものは、脱毛サロンで受けるような効果が期待できるかもしれませんが、脱毛サロンのエステティシャンは厳しい研修を受けてようやく施術が認められるようになっています。
それだけ慎重に扱わなければならないのが脱毛器です。

 

当然、素人が扱うことになるので、家庭用脱毛器の出力は低く抑えられているのが実情ですので、脱毛専門店で脱毛するほどの効果は期待できないかと思います。

 

以上、市販されている脱毛グッズでの自己処理方法をまとめてみましたが、まとめてみればマイナス面に集中してしまいましたね(^^;

 

自己処理がダメというわけではなく、あくまでも気を付けてもらえればというところでまとめてみました。

 

私はキレイモ 札幌店での脱毛が気に入っているので、余計に自己処理のマイナス面が目に付いているかもしれませんが(^^;

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪