キレイモ 札幌

 

 

デリケートゾーンの毛が濃いと、なんとなく性病にかかりやすいイメージを持っている人が多いと思います。

 

でも、実は大切なことは毛の量よりも「清潔であるかどうか」なんです。

 

本来、毛は体のある部位を守るために生えているといわれているため、決してムダなものではありません。
しかし、不衛生に保っていると、そこから感染したり、ばい菌が繁殖する巣のようなものになってしまうんですね。

 

特にデリケートゾーンは温かくて湿気が多いため、菌が繁殖しやすい環境になります。

 

シャワーを浴びた後のお風呂を想像してみてください。

 

換気扇を回さないまま放置しておくと、当然カビが生えますよね!?

 

デリケートゾーンも清潔に保っておかないと、感染やニオイの原因になってしまいます。

 

そもそも性病の主な原因は体液と粘膜が触れることで感染することがほとんどです。

 

でも、毛から毛へと感染する性病があります。

 

それは「ケジラミ症」

 

「ケジラミ」は吸血性昆虫で、体長1mm前後のシラミの一種です。
主に陰毛に寄生して人間の血を吸います。

 

性交渉での接触感染がほとんどですが、まれに毛布やタオルなどを介して、間接的に感染することもあります。

 

感染部の激しい痒みが主な症状ですので、かなり不快感が強いそうです。

 

主な症状が激しい痒みなので、軽視されがちなケジラミ症ですが、放っておくと他の毛に移ることもあり、面倒なことになります。

 

実際に感染された方は、陰毛を全て剃るか、専用のパウダーやシャンプーで殺菌するか選択させられるようです。

 

しかし、ケジラミ症はシラミが陰毛に寄生することが原因なので、デリケートゾーンの毛が全くない状態だと感染の心配はありません。

 

しかし、デリケートゾーンの脱毛をしたい方の中には

 

「全部なくしてしまうつもりはない」

 

「薄くしたいだけ」

 

「三角の形を小さくしたい」

 

という方も多いと思います。

 

性病や感染という視点から見ると、フサフサの状態よりも脱毛してお手入れされているデリケートゾーンの方が清潔を保ちやすい環境であることは確かなので、ツルツルの状態にしておく必要はないかと思いますので、清潔に保つことは大切です。

 

今までは

 

・パンツや水着からはみ出さないための脱毛
・見た目をキレイにするためのデリケートゾーン脱毛

 

というイメージが強かったデリケートゾーンの脱毛ですが、それだけではなく

 

・デリケートゾーンの感染予防
・ニオイ対策

 

としても脱毛する人が増えてきています。

 

キレイモ 札幌店で全身脱毛していると、ムダ毛はないのでケジラミもなんのその!・・・というわけではないですが、デリケートゾーンは清潔に保ちやすくて楽ちんです(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪