キレイモ 札幌

キレイモ 新宿店脱毛コラムその110

 

もし、脱毛サロンに通っている最中に生理が止まるようなことがあったら・・・
そんなときは、止まった原因によりけりで、脱毛を休止した方がいい場合があります。

 

妊娠の可能性がある場合

 

生理が止まったときに、思い当たる節があれば、真っ先に気になるのが妊娠の可能性です。

 

ほとんどの脱毛サロンが妊娠中の脱毛施術を断っていることが多いので、「あれ?」と思ったら妊娠検査薬などを使って、妊娠の可能性を調べましょう。
妊娠が判明したら、速やかに脱毛サロンに連絡を入れて、担当スタッフさんに妊娠の可能性を伝えましょう。

 

妊娠中の脱毛施術がNGなのは、脱毛の光が胎児に影響を与えるというわけではなく、妊娠中はホルモンバランスが崩れたり、女性は色々と不安定になりやすく、脱毛することで何かストレスを感じてしまってはいけないためにNGになっています。

 

ですので、胎児のことを一番に考えて行動してあげてくださいね。

 

強いストレスによる場合

 

強いストレスで生理が止まってしまった場合も脱毛サロンで相談した方がいいと思います。

 

というのも、脱毛期間中に生理が止まるほどの強いストレスを抱えてしまうと、脱毛効果にも影響が出る恐れがある為です。

 

生理が止まるほどの強いストレスがあると言うことは、女性ホルモンが乱れていることにはまず間違いがありません。

 

女性ホルモンは体毛の毛周期に影響しますから、このような強いストレスがある場合は、せっかく脱毛を受けても思ったような効果がない可能性が高いです。

 

脱毛をするなら、1回で高い効果を受けたいですよね。

 

その為にも、ストレスによって生理が止まってしまっている人は、まずはそのストレスの原因を取り除き、ストレスを上手く発散する方法を考えることが大切です。

 

子宮に何らかの異常がある場合

 

生理は、子宮に何らかの病気や以上がある為に止まってしまうこともあります。

 

この場合は、即座に脱毛を止めなければならないということはないと思いますが、医師による治療が必要になってきます。

 

治療の際に使用する薬が脱毛の光に影響される場合があるので、担当医師と脱毛サロンの単層スタッフにしっかりと相談してから、脱毛を続けるかどうかを確認するようにしてください。

 

単なる生理不順の場合

 

単なる生理不順であれば、脱毛を止めなければならないということはほとんどないと思いますが、生理不順であるということは、女性ホルモンの乱れもありますので、担当スタッフとしっかり相談しながら脱毛することをおすすめします。

 

低用量ピルの服用ぐらいであれば、女性ホルモンの分泌を正常に保つために使用されることが多いので、しっかり相談して脱毛していけば問題はないかと思います。

 

以上、いろいろとパターンを上げてみましたが、自分で勝手に判断するのではなく、しっかり相談しながら脱毛していくことが大切です。

 

私もキレイモ 札幌店で色々相談しながら脱毛してます(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪